呪縛

  • 2006/09/02(土) 16:18:03

9月 長月、このところ気分は沈みがち
朝、夕もめっきり涼しくなっていい気持ちの筈なのに。

何故って、
夏物の着物がもう着られないから

着物は秋や冬の方がコーデが楽しいから
あんなに楽しみにしてたのに…

私 夏の着物がこんなにも大好きだったんだと思い知らされたよ〜。
9月になって あんまり着物を着る気がしない。

特に私の手持ちの単衣は
シャキっとした紬や綿やデニムの着物が多いからかもしれない。

夏物は紗のようにシャッキリしていても どこか儚げで…薄くて
同じ刺繍の帯でも 絽地にされた刺繍はほんとうにやんわりしていて…
もう〜〜なんともいえず大好きだぁーーーー!!

なので、前月買った「絽の留袖のようなもの」を
憧れの芸者さん風にして家の中で楽しんでみました(足元のみ)
この着物 すごくいい生地。
体にすい〜っと引っ付くよう。いいのかこれが4800円で!

でも、来年まで着られないのね(しくしくしく)

20060902170355.jpg


20060902170354.jpg



日中はまだまだ暑くて 洋服ももちろん半袖。
絽や紗の夏物を着てもいいじゃん とも思うけど、

決まりごとから逃れられない 私
他の人が普段着物で決まり事を守っていなくても
全く気にならないのに、
自分に関してはあくまで自分なりの決まり事があって(結構いい加減だけどね)自分で決めたことに背けなくて。
9月に薄物や袷を着ることは、暑かろうが寒かろうが無理。

でもね、破壊することも大切だけど
守ることも大切な気がするので
私は私でこれでいい。かな?

そのうち破壊したくなるかもしれないけど。

書いてるうちに気づいちゃった!
私が何故着物を好きなのかについて…

決まり事があるからかも。

洋服と違って、制約の中で楽しみを見つけることができるから。
季節や草花や虫や鳥や魚に敏感になれるから。

それなら単衣の季節も楽しまなきゃね。
あほやな〜私

続きを読む

線香花火

  • 2006/08/14(月) 22:12:03

夏の楽しみといえば…各地での打ち上げ花火。
私も花火って聞いただけでワクワク。
浴衣男子女子をたくさん見られるだけでもウハウハです(おやじですみません)

でも、パチパチと儚げにはじける線香花火も…好き。
玉になって、じーっと待つとパチ、パチって花が咲いて
いろんなことを思い出して 涙がでそうになります。
(だって、女の子だもん)

今夜は線香花火を少しだけやりました。
コンビニの花火セットに入ってるやつじゃありませんよ。
先日 山縣商店 で購入した国産の線香花火

20060814221608


ひとつひとつ手作りで、大変な手間がかかるらしいのですが
何年か前、国産の線香花火を復活させようとの熱意で
何種類かの線香花火ができあがったとか。
(詳しくは山縣商店のコラムで…)

国産の物はその儚さと風情が違うらしい。
「そんなん やってみたいーー!!」と早速注文したという訳。

届いたその日に 息子と家人とワクワクしながら火をつけて見たのですが、
なんと風が強い日で 風情を楽しむ暇もなくポトッと落ちてしまって
せっかちな息子に「なーんだ」なんて言われる始末。

「もうあんた達にはやらせないもんねーー」と
本日一人で花火しました(お一人様です)

綺麗でした。
じーっと見とれてて、写真撮るのも忘れてて1枚のみ。

200608142216082


本日の着物
今日は着物着てません。
これは 恥ずかしながら 寝巻きにしている浴衣です。

いくら若作りのりぴでも、白地に このサイケなひまわり柄で
外はうろうろできないので
寝巻きにしてます。
画像が変なのは 伊達締めが見えるの恥ずかしくて
隠しちゃった。
だって女の子だもん(くどいっすか?)


20060814221609